よむよむ日記
日常で思ったこととか、読んだ本のこととか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「舟を編む」三浦しをん
9784334927769.jpg


 かなり、お久しぶりです。遅ればせながら、2012年本屋大賞「舟を編む」を読了いたしました。辞書作りをテーマにするなんてなかなか思いつきませんよね。あんまり意識はしないけど、学校で、家で、いろんなところで身近にある辞書。そんな知ってるようで、あんまり知らないものを題材にしてるから、僕らも物語の中へ入ってしまうのかも。
 
 まず、装丁が素敵ですね。落ち着いた濃い藍色に銀色が静かに映えてます。物語を読めばわかりますが、この装丁は作中で作られる辞書である「大渡海」の装丁とほぼ同じです。なかなかスタイリッシュですよね。こんな辞書、使ってみたいものです。
 
 本作の魅力は、個性豊かな登場人物たちであるように思います。だれもが内面で葛藤を抱え、それでも前に向かって進んでいこうとするその様に共感し、僕もまたそうありたいと思わせてくれます。
 
 特に好きなのは、西岡ですね。読んだ方はわかるかもしれませんが、彼が一番人間臭いように感じてます。何かにひたむきに取り組んでみたいと思いつつも、そんな風になりふり構わない姿を他人に見せたくない。ちっちゃなプライドを守ろうとして、物事にのめりこめない。そんな彼が、辞書作りを通して彼なりにひたむきに「大渡海」編纂にとりくむようになる過程は、なんだか僕の心をうつものでした。途中で異動になってしまう彼ですが、最後に「大渡海」のあとがきに名前を入れてもらっていた時には「よかったな、西岡」なんてしんみりしちゃいました。
 
 それからどうでもいいことなのですが、作中にほんの一瞬出てくる広告代理店の社員で「萩原さん」というのがいまして、読了後にふと最後のページ(発行所とか書いてるとこ)を見ると、組版の欄に「萩原印刷」の文字が。これって偶然なんですかね?でも、「萩原さん」は名前がなくてもいいような立ち位置だし・・・
 
 まぁそんなことは脇に置いとくとして、さすがの本屋大賞受賞作でした。電子辞書壊れちゃったし、何か辞書でも買おっかな?辞書に対して愛着を沸かせてくれるような作品なんて他にありませんね。
 
 ではでは
スポンサーサイト
「ラブ・ケミストリー」喜多善久
61zzS4JlJ8L._SX230_[1]


 たまには軽い小説も読んでみたい!ってなことで、今回は「ラブ・ケミストリー」をご紹介。実際はカスヤナガトさんの絵でジャケ買いですけど(笑)
 
 どんなに複雑な物質であっても、瞬時に合成ルートを編み出す能力を持つ大学院生・藤村桂一郎。ところが彼は研究室にやってきた新人秘書・真下美綾にひと目惚れし、能力を失ってスランプに陥ってしまう。そんなある日、カロンと名乗る黒衣の妖女が「キミの能力を取り戻してあげる」と現れ、美綾への告白を迫るが…。東大で理系草食男子が巻き起こす前代未聞のラブコメ&ミステリー。東大卒の著者が描く“日常系コメディ”登場!天才的化学センスをもつ藤村桂一郎は、初恋によってスランプに!突然現れた死神・カロンに振り回され、超オクテの草食男子はどこへ行く!?2011年第9回『このミス』大賞優秀賞受賞作。

 一応、「このミス」優秀賞なのですがミステリ成分は低め。「ミステリ風味のファンタジー仕立てラブコメ」のような感じです。それでも、唯一のミステリ部分では伏線もしっかり張られているし、(いい意味で)期待を裏切ってくれます。

 物語では触れられませんが、舞台は東京大学です。作者自身が東大卒ということで、理系学生の生活がリアルに描かれます。そのリアリティと死神(?)カロンの存在が釣り合わず、なんだか不思議な感じです。森見登美彦の東大版とでもいえばいいんでしょうかね。
 
 デビュー作ということで、ラストに少し納得がいかないような部分があるものの、全体としてはいい感じ。テンポよく、すいすい気持ちよく読めると思います。今後も有機化学関連で書いていくそうなので、楽しみですね。現在では、二作目として「猫色ケミストリー」(?)が発売中だそうで、読んでみようかな~と考えています。
 
 ではでは。
新歓とか


 またしても間が空いてしまいましたね…
 
 
 昨日が入学式&新歓で、今日は親睦会的なオリエンテーションでした。
 
 大学ってパワフルですね(^^;
 
 高校まではどうしてもタガがあってしまうものですが、大学ではそれが外れている(あるいは極限まで外れかかっている)。特に、サークル勧誘のすごいことすごいこと。この二日間でサークル勧誘のビラが有り余るようになってしまいました。
 
 今のとこ興味があるのは、軟or硬式テニス、バレー、バドミントン。室内音楽もかっこよかったなぁ。いろいろ見て回るつもりです。
 
 そんなこんなで今後もバタバタした日々が続きそう…。更新は遅れるかもしれません~。
 
 短いんですが、この辺で
「これからの『正義』の話をしよう」マイケル・サンデル(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
51aRp+rPjRL._SL500_AA300_[1]


 話題となったサンデル教授の著作を遅ればせながら読了。
 
 内容としては。過去の哲学者たちの理論を批判&援用しながら「正義の定義とは?その正義の選択の訳は?」といったことを議論していき、最終的に自らの主張である「正義は様々な道徳的議論から中立の立場を取るべきではなく、むしろ美徳の涵養や共通善から切り離すことはできない。所属するコミュニティの伝統から生まれる道徳的価値観を無視することはできない。」という論につなげていく。
 
 本書の魅力は、その中の「過去の哲学者たちの理論を批判&援用」の部分にあるように思う。ベンサム、カント、ロールズ、アリストテレス…etc。彼らの考えについてほぼ無知な人でも、その理論を理解できるような説明がなされている。というのも、ただ抽象的に論を重ねているのではなく、様々な現実の具体例に当てはめているためだ。
 
 僕自身、哲学に関してはど素人だがある程度は理解出来たように思う。特に印象深いのはカントの自由の概念だ。
 カントによれば「欲求に従っての行動は自由ではない。その欲求は自分で選んだわけではないからだ。真に自由なのは自分で定めた法則に従っているときである。それは、行動そのものを目的とするとき、義務の動機(そうすることが正しいという考え)に基づくとき。あるいは人間性を究極目的とするときである。」
 これではどうにもわかりづらいが、本文中には様々な具体例が理解を助けてくれる。例えば、「私がエンパイアステートビルから落ちているとき、だれも私が自由な運動しているとは思わないだろう(物理的な法則に支配されているゆえ)」とか、昔のスプライトのキャッチコピーである「渇きに服従せよ」を持ち出し、「実際、スプライトを飲むのは自由な行動ではなく、渇きを満たすという欲求に縛られた行動なのだ。」といった具合である(「」の中の文は本文そのままの引用ではないです)。
 
 カントに限らず、その他の論にも具体例が加えられており、わかりやすい(ロールズの「無知のベール」やアリストテレスの奴隷擁護論などなど)。そうしたわかりやすい議論から、批判&援用を進め、自分の主張へとつなげていく展開はさすがだと思わされる。講義がうまい人は、やはり本を書かせてもうまい論展開を生み出す。
 
 哲学なんて難しそう、なんてイメージを押しのけて、サンデル教授と正義をめぐる議論へ飛び出せる。そんな一冊。ただし、感心はしても、特に感銘を受けるわけではないのであしからず。
 
 では、今日はこの辺で。
バタバタ
 

 ちょっと間が空いてしまった…。
 
 三月後半から忙しかったけど、最近さらに忙しい。
 
 大学の入学式も近いし、自動車教習ももうすぐ卒検、さらに明後日からはバイトも始まる・・・と、イベント目白押しなのでございます。
 
 こんなんじゃゆっくり読書もできねぇ!
 
 今は、マイケル・サンデル教授(白熱教室の人)の著作を読んでるんですが、時間のなさと内容理解の遅さによってこれが全然進まない。
 
 哲学関係の本ですが、何せ哲学に関しては全くのど素人。「ベンサム?あー、聞いたことあるけど…」ぐらいなものです。
 
 一応、高校では世界史Bを履修していたので「○○という人が××ということを言いました。」程度には知っていますが、その「××」がどういう理論なのかというようなことは全くの無知。倫理を履修してるとちょっとは違ったんでしょうが…。
 
 でも、内容はなかなかに刺激的なので読了後に紹介できたらと思います。
 
 適当な記事になってしまいましたが、今日はこの辺で


FC2プロフ



アクセスカウンター



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
237866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
10044位
アクセスランキングを見る>>



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。